園韓神祭(読み)そのからかみのまつり

世界大百科事典 第2版の解説

そのからかみのまつり【園韓神祭】

平安京宮内省内にまつられていた園神と韓神との祭り。園・韓神は平安京造営以前よりこの地にあり,帝王を守らんとの神託により他所に移さずにまつられた。《延喜式》神名帳には〈宮内省に坐(いま)す神三座〉として,〈園神社 韓神社二座〉とあり,いずれも官幣大社名神,月次,新嘗などの祭りには奉幣にあずかった。韓神は《古事記上巻には,大年神(おおとしのかみ)の子と見えているが,園神は大物主神(おおものぬしのかみ),韓神は大己貴神(おおなむちのかみ)と少彦名神(すくなひこなのかみ)の2神で,これらの神は疫病から守る神ともいわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android