韓紅花(読み)からくれない

色名がわかる辞典の解説

色名の一つ。唐紅とも書く。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、キク科ベニバナを使って繰り返し染めた濃い紅色のこと。深紅しんくと同じ色をさす。深紅とは混じりけのない真の紅染の色を意味する。「くれない」は呉くれの国から渡来した染料のことで、朝鮮または中国から伝えられたことから、この名がついたとされる。「から」は赤を強調する「あから」のとするもあるが、定説とはなっていない。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代の色名。唐紅とも書かれる。濃い紅色。韓は異国の意。さえた濃紅色の美称としても使われた。『延喜式(えんぎしき)』縫殿(ぬいどの)寮の条、雑染用度の項に「韓紅花綾(あや)一疋(ぴき)。紅花(べにばな)大十斤(きん)。酢一斗。麩(ふ)一斗。藁(わら)三囲、薪一百八十斤。帛(はく)一疋。紅花大六斤。酢六升。麩六升。藁二囲、薪一百廿斤。羅(ら)一疋。紅花大七斤。酢七升。麩五升。藁二囲半。薪一百五十斤」と、染めるための染料や媒染剤そのほかが記されている。『古今集』に「ちはやぶる神代もきかずたつたがわから紅(くれない)に水くくるとは」があげられている。

[高田倭男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android