コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓紅花 からくれない

2件 の用語解説(韓紅花の意味・用語解説を検索)

色名がわかる辞典の解説

からくれない【韓紅花】

色名の一つ。唐紅とも書く。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、キク科ベニバナを使って繰り返し染めた濃い紅色のこと。深紅しんくと同じ色をさす。深紅とは混じりけのない真の紅染の色を意味する。「くれない」は呉くれの国から渡来した染料のことで、朝鮮または中国から伝えられたことから、この名がついたとされる。「から」は赤を強調する「あから」の略とする説もあるが、定説とはなっていない。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓紅花
からくれない

古代の色名。唐紅とも書かれる。濃い紅色。韓は異国の意。さえた濃紅色の美称としても使われた。『延喜式(えんぎしき)』縫殿(ぬいどの)寮の条、雑染用度の項に「韓紅花綾(あや)一疋(ぴき)。紅花(べにばな)大十斤(きん)。酢一斗。麩(ふ)一斗。藁(わら)三囲、薪一百八十斤。帛(はく)一疋。紅花大六斤。酢六升。麩六升。藁二囲、薪一百廿斤。羅(ら)一疋。紅花大七斤。酢七升。麩五升。藁二囲半。薪一百五十斤」と、染めるための染料や媒染剤そのほかが記されている。『古今集』に「ちはやぶる神代もきかずたつたがわから紅(くれない)に水くくるとは」があげられている。[高田倭男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

韓紅花の関連キーワード一色組頭浅葱遠寺唐撫子唐紅論弁青い打止める弁柄

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone