コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音の散乱 おとのさんらんscattering of sound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音の散乱
おとのさんらん
scattering of sound

音波が伝わる媒質中に波長と同程度の大きさの物体があると,音波反射されたり回折を生じたりする。この反射や回折をあわせて音の散乱という。音波を散乱する物体の近くの音場は種々の散乱波が重なり合うため,非常に複雑になる。これに対して,反射や回折を生じる物体が何もないところでは,音波は一方向に伝わる理想的な進行波となり,この音場を自由音場という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android