コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

音響カプラ おんきょうかぷら

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

音響カプラ

電話の受話器からデータを電話回線に送出するアダプター。単にカプラとも呼ばれる。以前、電話回線にモデムを自由に接続できなかった頃に用いられていた。スピーカーやマイクを通すため、雑音やエラーが多い。現在は、旅行先などでモデムを接続できない場合に用いられる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

音響カプラ
おんきょうカプラ
acoustic coupler

普通の電話の送受話器を使用することによって,回線とデータ端末装置とを音響的に結合し,コンピュータ用のデータを送受信できる装置で,データ伝送用変復調装置の一種。端末装置で発生した送信信号は音声帯域の信号に変調されてスピーカを鳴動させ,電話の送話器に音響的に送り込まれる。逆に受話器に受信された音響信号は,通常受話器のコイル漏洩磁束を誘導によってピックアップし,復調して端末装置に送られる。電話通信網がデータ通信用に開放されたので,タイムシェアリング・システム用の端末装置に広く利用されつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

音響カプラの関連キーワードアコースティックカプラー音響カプラーカプラー

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android