コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韻を踏む インヲフム

大辞林 第三版の解説

いんをふむ【韻を踏む】

詩句の一定の所に同韻の字をおく。韻を押す。押韻おういんする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

韻を踏むの関連キーワード外国の天気俚諺RAMWIREファンキー加藤エンペドクレスデンマーク文学ミンネザング踏む・履む賛・讃・讚榎本有汰一韻到底数え歌定型詩柏梁体墓誌脚韻踏む押韻古詩四韻換韻

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

韻を踏むの関連情報