コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イン

デジタル大辞泉の解説

いん〔ヰン〕【韻】

漢字の表す1音節のうち、頭子音を除いた部分の声調の違いによって、平(ひょう)・上(じょう)・去(きょ)・入(にゅう)の四声に分類した区別。これをさらに分けて、古くは206韻としていたが、のちに整理されて106または107韻となった。
詩歌で、同一または類似の音を、一定の位置に繰り返し用いること。

いん【韻】[漢字項目]

常用漢字] [音]イン(ヰン)(慣)
言葉のひびき。また、物の出す音。「松韻神韻余韻
風流な趣。「韻事韻致気韻風韻
漢字音で、声母(頭子音)を除いた部分。韻母。「韻字韻書音韻畳韻平水韻
詩や文章で、同一または類似の音を、特定の場所に繰り返して用いること。「韻律押韻脚韻頭韻和韻
詩歌。「韻文
[補説]「韵」は異体字。
[名のり]おと

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

韻【いん】

韻律

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いん【韻】

詩文で、同一もしくは類似の響きをもつ言葉を、一定の間隔あるいは一定の位置に並べること。
漢字音で、頭子音を除いた他の部分。韻母。
同一の韻母、または類似した韻母をもつ漢字を分類したもの。中国の韻書における漢字分類の単位。 ↔
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


いん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のの言及

【韻律】より


【詩歌と韻律】
 文を形づくる音韻の配列に一定の人為的な規則を設け,これによって律動感や音の響き合いなど,聴覚上の美感をもたらそうとすることは,古くから行われていた。こうした規則の総体を韻律と呼ぶ。…

【音韻学】より

…中国語の語は原則として単音節から成り,その音節は一般に頭子音+介母音+主要母音+末子音(+声調)の構造をなしている。中国人はこの音節構造を頭子音と介母音以下の二つの部分に分析し,前者を音と呼び,後者を総括して韻と呼んだ。そこでこの音構造を研究する学問を音韻学と称した。…

※「韻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

韻の関連キーワード富山県富山市八尾町桐谷韻を踏む同韻相通韻に次す五音相通一韻到底大島正健磨光韻鏡十韻彙編同音相通韻を押す表八句ひょうライムにゅう頭子音百六韻三の折漢字音四声

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

韻の関連情報