コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

順圧波と傾圧波(読み)じゅんあつはとけいあつは(英語表記)barotropic wave and baroclinic wave

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

順圧波と傾圧波
じゅんあつはとけいあつは
barotropic wave and baroclinic wave

長波 (水深に比べ波長が長い波) のうち,密度が一様の場合と同様の性質を持つ波を順圧波と呼び,海洋のように鉛直密度変化の存在する場で,密度変化の影響を受ける波を傾圧波と呼ぶ。長波は鉛直運動に比べて水平運動が卓越する。順圧波は海面から海底まで同一の水平運動をする。傾圧波は,深さによって水平運動の大きさや向きが変わる。また,同じ周期の波では,順圧波の波長が傾圧波の最大の波長より 100倍近く大きい。一般に海では,両波が重なった形で存在している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android