コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一様 イチヨウ

デジタル大辞泉の解説

いち‐よう〔‐ヤウ〕【一様】

[名・形動]
全部同じようすであること。また、そのさま。同様。「皆一様に神妙にしている」
世間によくあること。ありふれていること。また、そのさま。普通。「尋常一様行動とは思えない」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いちよう【一様】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
みんな同じような様子である・こと(さま)。 ↔ 多様 「誰からも-な(の)返事が返ってくる」 「 -に白い靴を履いている」
ありふれているさま。普通。 「尋常-でない」

ひとよう【一様】

( 名 ・形動ナリ )
互いに似通っていること。いちよう。 「女しき所なかめるぞ、-なめる/源氏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

一様の関連キーワードワイエルシュトラスの近似定理ベルヌーイ‐オイラーの法則ヴァイエルシュトラスの定理系統進化速度不同の法則プラットホームシューズプラットホームサンダルマクローリンの球面体ネルンストの熱定理サイクロトロン運動ブラジウスの流れブリッジマン効果セカンダインラーモア回転散播・撒播アンチックビュレット相等の原理尋常一様一列一体分極電荷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一様の関連情報