コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須磨浦 すまのうら

日本の地名がわかる事典の解説

〔兵庫県〕須磨浦(すまのうら)


神戸市須磨区大阪湾に臨む海岸。六甲(ろっこう)山地の鉢伏(はちぶせ)山・鉄拐(てっか)山・高倉(たかくら)山が急傾斜して海にせまる景勝地。古くから『万葉集』に詠まれ、『源氏物語』など多くの作品の舞台となった。鉄拐山東麓(とうろく)は源平合戦の古戦場で敦盛(あつもり)塚がある。一帯は須磨浦公園、須磨海浜公園などが整備され、水族園・スポーツ施設などへの行楽客が多い。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典内の須磨浦の言及

【須磨】より

…背後に六甲山地の西端に当たる高取山,鉄拐(てつかい)山,鉢伏(はちぶせ)山をめぐらし,南西は明石海峡をへだてて淡路島に対する。海岸の須磨浦は白砂青松の景勝地として古来著名である。須磨はまた摂津国の西端,畿内の西の境界に当たり,播磨との交通・軍事上の要衝であった。…

※「須磨浦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

須磨浦の関連キーワード兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町兵庫県神戸市須磨区一谷嫩軍記源氏物語源平合戦垂水区療養所サソリ鉄拐山一ノ谷古戦場鉄拐鵯越

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須磨浦の関連情報