コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須賀川松明あかし すかがわたいまつあかし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須賀川松明あかし
すかがわたいまつあかし

福島県須賀川市の五老山で毎年 11月第2土曜日に行なわれる,松明を燃やす祭り。400年以上の歴史があり,日本三大火祭の一つともされる。天正17(1589)年の伊達政宗による須賀川城攻撃で犠牲になった者たちの霊を慰めるために始まったと伝えられ,もとは旧暦 10月10日に行なわれていた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

須賀川松明あかしの関連キーワード福島県須賀川市

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android