コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預婦 よふye-bu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預婦
よふ
ye-bu

朝鮮における幼児婚姻予約風俗の一つ。かつて下層社会で行われていた。女子は男子がまだ幼いときに男子の家に入り,労働力として農耕に従事し,男子が成長すると夫婦になった。普通,妻の年齢は夫より 10歳ほど上であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

預婦の関連キーワード朝鮮

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android