コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預山 あずかりやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預山
あずかりやま

「あずけやま」ともいう。江戸時代,諸藩が郷村住民に保護,植栽を委託した直轄山林のこと。支配山,見守山などの別称が多く,年限を定める場合は少なかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

預山の関連キーワード防長風土注進案

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android