預金小切手(読み)ヨキンコギッテ

大辞林 第三版の解説

よきんこぎって【預金小切手】

銀行が自行を振出人・支払人として振り出す小切手。支払い資金が別口の口座に留保されるので信用度が高い。 → 保証小切手

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よきん‐こぎって【預金小切手】

〘名〙 銀行が自行を振出人・支払人として振り出した小切手。取引先の依頼によって現金と引換えに振り出すのが普通で、現金同様の高い信用度をもつ。
※時事新報‐明治三〇年(1897)一〇月一九日「右は預金小切手のみならず、一般の手形に応用すべき事なるべく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

預金小切手の関連情報