コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

預金通貨回転率 よきんつうかかいてんりつturnover of demand deposits

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

預金通貨回転率
よきんつうかかいてんりつ
turnover of demand deposits

預金回転率ともいう。一定期間中に預金通貨が交換手段としてどの程度用いられたかを示すもので,預金通貨の流通速度を表わす。回転率のとらえ方はいろいろあるが,その代表的なものは預金通貨の平均残高を分母とし,分子に手形交換高ないしは預金通貨 (要求払預金) の月中の払戻し額をとるのが普通である。預金通貨回転率は現金通貨回転率とともに,通貨の流通量や物価と密接な関係にあり,また金融の繁閑を知るうえでの重要な指標である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android