コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓宮氏 とんぐううじ

世界大百科事典 第2版の解説

とんぐううじ【頓宮氏】

中世武家。〈はやみ〉とも読む。関白藤原道長の流れ,近江国甲賀郡頓宮郷より起こったものが著名。頓宮孝政が青土城を築き,その子の代に土山・黒川・大野の3氏に分かれる。《頓宮文書》には,建武3年(1336)1月2日の近江国頓宮知綱着到状,応永21年(1414)11月3日の大野光保譲状(甲賀郡大野郷の譲与)が含まれている。このほか《太平記》に備中国の住人頓宮又次郎入道父子など,頓宮氏一族の名が散見し,備前・若狭などにおいてもみられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の頓宮氏の言及

【頓宮氏】より

…《頓宮文書》には,建武3年(1336)1月2日の近江国頓宮知綱着到状,応永21年(1414)11月3日の大野光保譲状(甲賀郡大野郷の譲与)が含まれている。このほか《太平記》に備中国の住人頓宮又次郎入道父子など,頓宮氏一族の名が散見し,備前・若狭などにおいてもみられた。【山口 隼正】。…

※「頓宮氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android