コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備中国 びっちゅうのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備中国
びっちゅうのくに

現在の岡山県西部。山陽道の一国。上国。古くは吉備 (きび) 国の一部であったが,天武天皇の頃 (674~685) に備前,備中,備後に分割された。国府は総社市金井戸,国分寺は総社市上林。『延喜式』には都宇 (つう) ,窪屋,賀夜などの9郡,『和名抄』には 71郷,田1万 227町を載せている。鎌倉時代には初め土肥実平守護となったが,中期以後には北条氏の家督が守護となり,南北朝時代から室町時代にかけては高氏,渋川氏から細川氏が守護として支配した。この間守護代としては荘,石川の両氏がこれにあたった。戦国時代,細川氏が衰えると西から毛利氏,北から尼子氏,のちには備前宇喜多氏の侵略により戦国争乱の場となったが,一応毛利氏の支配に帰した。しかし豊臣秀吉の中国経営によりこの支配もくずれた。江戸時代には松山 (のちに高梁) の板倉氏,新見の関氏,足守の木下氏,岡田の伊東氏などが封じられて幕末にいたった。明治4 (1871) 年の廃藩置県後,深津県となり,翌5年に小田県と改称,さらに 1875年に岡山県に統合された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

びっちゅう‐の‐くに【備中国】

備中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

備中国【びっちゅうのくに】

旧国名。山陽道の一国。現在の岡山県西部。もと吉備(きび)国。《延喜式》に上国,9郡。国府は現在の総社市と推定される。鎌倉時代に土肥・北条氏,室町時代に細川氏らが守護。
→関連項目岡山[県]中国地方新見荘

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

びっちゅうのくに【備中国】

現在の岡山県西部を占めた旧国名。古く吉備(きび)国から備前(びぜん)国(岡山県東南部)、備中国、備後(びんご)国(広島県東部)に分かれた。当地は古代吉備国の中心を占め、造山(つくりやま)古墳、作山(つくりやま)古墳などの巨大古墳が築造された。律令(りつりょう)制下で山陽道に属す。「延喜式」(三代格式)での格は上国(じょうこく)で、京からの距離では中国(ちゅうごく)とされた。国府は現在の総社(そうじゃ)市金井戸(かないど)、国分寺は同市上林(かんばやし)におかれていた。鎌倉時代初頭に関東武士が多く移住したが、中期以後に北条氏の領地となった。14世紀末に細川氏守護となり、戦国時代まで支配した。江戸時代には、松山藩、足守(あしもり)藩などの小藩と、幕府直轄領、大名・旗本領が分立した。1871年(明治4)の廃藩置県深津(ふかづ)県となり、翌年に小田(おだ)県と改称、1875年(明治8)に岡山県に統合された。◇備前国、備中国、備後国を合わせて備州(びしゅう)ともいう。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びっちゅうのくに【備中国】

旧国名。現在の岡山県の西部。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。7世紀後葉の天武朝ころに吉備国が分割されて備前,備中,備後となった。都宇(つう),窪屋(くぼや),賀夜(かや),下道(しもつみち),浅口(あさくち),小田(おだ),後月(しつき),哲多(てた),英賀(あか)の9郡からなる。国府は遺存地名から総社市金井戸地区と推定され,国分寺国分尼寺は発掘調査によって総社市上林に隣接して建立されたことが確認された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備中国
びっちゅうのくに

岡山県の西部の旧国名。西は備後(びんご)、北東は美作(みまさか)、南東は備前(びぜん)、北は伯耆(ほうき)に接し、南は瀬戸内海に臨む。古代吉備(きび)文化の中心で造山(つくりやま)古墳、作山(つくりやま)古墳など巨大古墳が多く、弥生(やよい)後期の墳墓楯築(たてつき)遺跡も発見されている。天武(てんむ)朝(672~686)のころ吉備国は備前・備中・備後に分割されて備中国が成立した。大化改新(645)前後から吉備豪族はやや衰えたが、なお吉備津宮の宮司、諸郡の郡司として勢力を地方に温存した。当時備中には都宇(つう)、窪屋(くぼや)、浅口(あさくち)、小田(おだ)、後月(しつき)、下道(しもつみち)、賀夜(かや)、英賀(あか)、哲多(てた)の9郡が置かれたが、鎌倉時代のころ下道郡の北部を割いて川上郡が、賀夜郡の北部を割いて上房(じょうぼう)郡が新設され11郡となった。『和名抄(わみょうしょう)』によると、備中の水田面積は1万0227町8反252歩。国府は賀夜郡の現総社(そうじゃ)市金井戸付近に置かれ、一宮(いちのみや)は同郡の現岡山市北区吉備津(きびつ)の吉備津宮、国分寺は同郡の現総社市上林(かんばやし)の地に建立された。
 鎌倉時代には、関東武士が守護・地頭(じとう)として来住したが、鎌倉中期以後は執権北条氏の得宗領となった。鎌倉初期、東大寺大勧進重源(だいかんじんちょうげん)が吉備津に常行堂や阿弥陀(あみだ)堂を建て浄土信仰を広めた、南北朝のころは多くの守護が交代したが、1392年(元中9・明徳3)南北朝合一のころ細川満之(みつゆき)が守護となり、以後戦国時代まで細川氏が世襲した。鎌倉時代に臨済宗の栄西(えいさい)、室町時代に水墨画の雪舟(せっしゅう)が現れた。鎌倉・室町のころ、東寺領新見荘(にいみのしょう)、神宮寺領足守(あしもり)荘、新熊野神社領万寿(ます)荘、石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)領水内(みのち)荘、長講堂領巨勢(こせ)荘、南禅寺領三成(みなり)荘、相国(しょうこく)寺領大井荘など多くの荘園が設けられた。備中の特産物には、野馳(のち)郷、神代(かむしろ)郷の鉄があるが、南北朝以後は吹屋(ふきや)の銅(どう)、広瀬の備中檀紙(だんし)が有名となった。
 1582年(天正10)羽柴(はしば)(豊臣(とよとみ))秀吉の備中高松攻めののち、備中は東西に分割され、東は宇喜多(うきた)氏、西は毛利(もうり)氏の支配に属したが、両氏ともに関ヶ原の戦いで豊臣方に属し、備中は徳川氏に没収され、改めて幕領と私領に分割された。私領は松山藩(池田、水谷(みずのや)、安藤、石川、板倉氏)、成羽(なりわ)藩(山崎氏)、足守藩(木下氏)、新見藩(関氏)、岡田藩(伊東氏)、浅尾藩(蒔田(まきた)氏)、庭瀬(にわせ)藩(戸川、板倉氏)の諸藩や他領諸藩の飛び地、旗本領が錯綜(さくそう)し、細かく分割されていた。北部の特産物は煙草(たばこ)、備中(千屋(ちや))牛、紙、銅、弁柄(べんがら)、南部の特産物は繰綿(くりわた)、綿織物、畳表で、玉島港・笠岡(かさおか)港はその積出し港として栄え、倉敷は備中幕領代官所として発展した。玉島・倉敷には豪商が多く、文人・墨客が往来した。
 廃藩置県後、備中と備後の一部をあわせて深津県が置かれたが、1872年(明治5)備後を離し、備中をもって小田県としたが、1875年岡山県に統合された。[柴田 一]
『谷口澄夫著『岡山県の歴史』(1970・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

備中国の関連キーワード「敵は本能寺にあり」いないだの仁右衛門吉備(広島・岡山)高松城[岡山]渾大防 芳造意見十二箇条田辺 為三郎井戸平左衛門松山(岡山)山崎 治敏川田 甕江池田 政保中野 信近佐伯 剛平村本三五郎太田辰五郎難波千代平吉備津神社杉 贋阿弥貞次(2)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

備中国の関連情報