コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土山 つちやま

4件 の用語解説(土山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土山
つちやま

滋賀県南東部,野洲川上流域の地区。旧町名。 1916年町制。 1955年大野,山内,鮎河の3村と合体。 2004年 10月,水口町,甲賀町,甲南町,信楽町と合併し,甲賀市となる。大部分は鈴鹿山脈の西斜面。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つちやま【土山】

滋賀県南東部、甲賀(こうか)市の地名。鈴鹿峠をひかえる東海道の宿場町として発達。→間(あい)の土山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つちやま【土山】

滋賀県甲賀市の地名。東海道鈴鹿越えの宿場町として発展。坂上田村麻呂をまつる田村神社がある。 → あいの土山

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土山
つちやま

滋賀県南東部、甲賀(こうか)郡にあった旧町名(土山町(ちょう))。現、甲賀市の東部を占める一地区。1916年(大正5)町制施行。1955年(昭和30)大野、山内(やまうち)、鮎河(あいが)の3村と合併。1956年今郷(いまごう)地区を水口(みなくち)町に編入。2004年(平成16)水口町、甲賀町、甲南(こうなん)町、信楽(しがらき)町と合併、甲賀市となる。旧町域は、鈴鹿(すずか)山脈の西斜面、野洲(やす)川の上流域を占める。明治以降、鉄道から離れてさびれたが、現在は国道1号、477号(鈴鹿スカイライン)、新名神高速道路が通り、自動車交通の要地となっている。中心の土山は、東海道五十三次49番目の宿場で、難所の鈴鹿峠を控え、御代参(ごだいさん)街道の分岐点でもあり繁栄した。江戸末期には家数約350、人口約1500、本陣2、旅籠(はたご)屋44があったという。「坂は照る照る鈴鹿は曇る、あいの土山雨が降る」の鈴鹿馬子唄(まごうた)でも知られた。田村神社は坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)を祭神とし、厄除(よ)けの神社として参詣(さんけい)客が多い。主産業は農林業で、とくに茶の栽培が盛んで、生産量は県下一。またゴルフ場が建設され、中部にある青土(あおづち)ダム周辺などの観光開発にも期待が寄せられている。垂水斎王頓宮(たるみさいおうとんぐう)跡は国指定史跡。三重県境の御在所(ございしょ)山一帯は鈴鹿国定公園域。[高橋誠一]
『芦田博編『土山町史』(1961・土山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

土山の関連キーワード滋賀県米原市磯滋賀県大津市打出浜滋賀県大津市枝滋賀県愛知郡滋賀県栗東市岡滋賀県栗東市小野滋賀県大津市木戸滋賀県大津市滋賀里滋賀県彦根市馬場滋賀県大津市牧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

土山の関連情報