コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頓成 とんじょう

1件 の用語解説(頓成の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頓成 とんじょう

1795-1887 江戸後期-明治時代の僧。
寛政7年生まれ。能登(のと)(石川県)の真宗大谷派長光寺の住職。霊暀(れいおう)にまなぶ。教義に対し異義をとなえ,嘉永(かえい)5年幕府により豊前(ぶぜん)四日市(大分県)に流される。維新後も自説をまげず,明治17年宗門外に排斥された。明治20年11月19日死去。93歳。俗姓は霊崎。字(あざな)は了雄。著作に「深信問答」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頓成の関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)東京芸術大学120周年雑誌カッペレッティグラネライト脱ガラス化ガラス作用ゾブテンベルク岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone