コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊暀 れいおう

1件 の用語解説(霊暀の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊暀 れいおう

1776*-1851 江戸時代後期の僧。
安永4年12月28日生まれ。真宗大谷派。華厳(けごん),天台をまなんだのち宣明(せんみょう)に師事。嘉永(かえい)2年講師となり,生家の越中(富山県)円満寺の洗心寮で後進を指導した。また門弟頓成(とんじょう)らの異義を調停した。嘉永4年8月15日死去。77歳。法名は正慶。号は開悟院。字(あざな)は霊翁,霊応とも。著作に「教行信証講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

霊暀の関連キーワード渡辺赤水日義菊岡光朝出三順阿菅野序遊(3代)川柳(3代)遅塚速叟戸田国武吉田磐谷

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone