コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

霊暀 れいおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

霊暀 れいおう

1776*-1851 江戸時代後期の僧。
安永4年12月28日生まれ。真宗大谷派。華厳(けごん),天台をまなんだのち宣明(せんみょう)に師事。嘉永(かえい)2年講師となり,生家越中(富山県)円満寺の洗心寮で後進を指導した。また門弟頓成(とんじょう)らの異義を調停した。嘉永4年8月15日死去。77歳。法名正慶。号は開悟院。字(あざな)は霊翁,霊応とも。著作に「教行信証講義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

霊暀の関連キーワードアメリカ史チュルゴー蕪村ゴローブニン上田秋成ゴローニングアテマラトロピーニンアトウッドアメリカ独立宣言

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android