コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頭上安定 ずじょうあんてい

1件 の用語解説(頭上安定の意味・用語解説を検索)

パラグライダー用語辞典の解説

頭上安定

パラグライダーでテイクオフする際、機体のライズアップを行うが、この時パイロットの頭の上でキャノピーをしっかりと停め、安定させる事をいう。頭上安定の目的は1 加速すればいつでも揚力を発生させ、安定したテイクオフが行えるようキャノピーを適切な位置と状態に保つ。2 ラインの絡みをはじめ異物などの引っ掛かりが無い事をテイクオフ前に、最終確認をする。 この2つを確実に行う為には、頭上安定は2~3秒間行う事が望ましい。頭上安定のコツとして少し早め(強め)のライズアップを行い、キャノピーの先行運動を停める為のブレーク操作を少し深めにする。深めのブレーク操作により頭上安定の時間を長くする事ができ、しだいにブレーク操作を緩めながら前進力をかけて行く事で、安定したテイクオフへと移行できる。フロントライズアップでは、この頭上安定を確実に行う為に、頭上安定の際、バナナのようにのけ反り、A・Bラインは勿論、後ろ側のDラインやブレークコードも目視により確実にチェックする。この動作を特に「バナナポジション」と呼ぶ。リバースライズアップでは、フロントライズアップ同様、若干強めにライズアップさせ、その分ブレーク操作を強めに行う。もともとリバースは強風時に使われるライズアップで、過度に強いライズアップはブレークの瞬間、揚力によりパイロットの足が地から離れてしまう事があり、注意が必要である。キャノピーを全く見ないでそのまま駆け抜けるフロントライズアップや、ライズアップと同時に前に振り返るリバースライズアップをよく見掛けるが、頭上安定の欠けているテイクオフではいつ事故が起きてもおかしくない。

出典|
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

頭上安定の関連キーワードモーターグライダーパラグライダータッチアンドゴースキーパラグライダーモーターパラグライダーセールプレーンパラグライダーの構造と名称フライトシューズ山飛びレイトテイクオフ

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone