頷聯(読み)がんれん

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐れん【頷聯】

〘名〙 漢詩で、律詩の第三句と第四句の称。対句の表現をとる。
※作詩志彀(1783)「皎然詩式に、律の式を定めて、起聯、頷聯、頸聯、結句と云」 〔滄浪詩話‐詩体〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android