コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滄浪詩話 そうろうしわCang-lang shi-hua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滄浪詩話
そうろうしわ
Cang-lang shi-hua

中国,末の詩論書。厳羽の著。1巻。詩弁,詩体,詩法,詩評,詩証の5章に分れ,詩を禅にたとえて論評している。最も重要なポイントを言語では表現できない「妙悟」にあるとし,また李白杜甫らの盛唐の詩を,漢,魏,晋の詩とともに第一義とし,中唐の詩を第二義,晩唐の詩を声聞辟支果 (しょうもんびゃくしか) に入るものとして非難する。全体として宋の詩風を批判し,盛唐を法とすべきと説く。明末の公安派性霊説,清の王士禎神韻説は,本書の延長上に立つものといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうろうしわ〔サウラウシワ〕【滄浪詩話】

中国の詩論書。1巻。宋の厳羽著。1230年代に成立。当時の散文化した詩風を批判し、詩の理想を杜甫(とほ)李白らの盛唐詩におく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうろうしわ【滄浪詩話 Cāng làng shī huà】

中国,南宋の厳羽の詩学の書。1230年ごろの著。詩弁(詩の原理),詩体(詩のスタイル),詩法(創作の技法),詩評(作品論・作家論),考証(作品考証),全5編からなる。整然とした体裁とその理論は宋代の詩話の中で,異彩を放つ。詩と禅とを相関させ,詩の目標は〈妙悟〉にあるとし,詩人独自の才能の主張,反擬古典主義を説く天才論や盛唐詩の優越性の主張などは,後世の詩と詩論に大きな影響を与えた。【荒井 健】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滄浪詩話
そうろうしわ

中国、宋(そう)代の詩論書。一巻。厳羽(げんう)の作。1230年代に成立。1268年黄公紹(こうこうしょう)が序を書いてこれを伝えた。この書は、詩弁、詩体、詩法、詩評、考証の五部門からなり、宋代では唯一の体系だった詩話である。論の中心は、当時の散文化した詩風に反対して、情趣を中心とする唐詩に復帰すべしと説くことにある。とくに「詩に別材有り、書(学問)に関するにあらず、詩に別趣有り、理(道理)に関するにあらず」の論と禅的な「妙悟」論とは、後世に賛否両面からの大きな反響を巻き起こした。[横山伊勢雄]
『荒井健訳『滄浪詩話』(『中国文明選13 文学論集』所収・1972・朝日新聞社) ▽横山伊勢雄著『滄浪詩話 抒情の復権』(『中国の古典文学』所収・1981・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

滄浪詩話の関連キーワード詩に別才有り詩に別才あり唐詩品彙六一詩話一知半解神韻派馮班

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android