コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

頼達堂 らい たつどう

1件 の用語解説(頼達堂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

頼達堂 らい-たつどう

1815-1884 江戸後期-明治時代の漢学者。
文化12年3月7日生まれ。頼元鼎(もとかね)の子。昌平黌(しょうへいこう)にまなび,堺で売薬業のかたわら,おしえる。維新後は堺師範の教師となった。明治17年6月11日死去。70歳。安芸(あき)(広島県)出身。名は三千三,のち鉉。字(あざな)は君挙。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

頼達堂の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇眼科雑誌随筆寄席井上馨

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone