コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顔思斉 がん しせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

顔思斉 がん-しせい

1588-1625 明(みん)(中国)の海賊。
万暦16年生まれ。江戸時代のはじめ,肥前平戸(長崎県)にすみ,日本と台湾との間を往来して密貿易や略奪行為をおこなった。天啓5年9月死去。38歳。福建省出身。字(あざな)は振泉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

顔思斉

没年:天啓5.9(1625)
生年万暦16(1588)
中国明代末の倭寇。中国語読み「イエン・スーチー」。清代の江日昇『台湾外記』にみえる。これによると,福建省海澄の人,字は振泉。鄭芝竜ら28人と同志の盟約を結び,日本―台湾間の密貿易と略奪を行った。風疾のため台湾で病死。泉州出身で平戸居住の華僑李旦とその配下の鄭芝竜との関係が,同記の顔思斉の記事に投影されたものとみる見解がある。

(関周一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

顔思斉の関連キーワード海賊没年

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android