コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微授精法 けんびじゅせいほう micro insemination

1件 の用語解説(顕微授精法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顕微授精法
けんびじゅせいほう
micro insemination

顕微鏡下で卵子を包む透明帯に穴をあけ,精子を注入して受精させる方法。精子無力症などの男性不妊治療法の一種。生殖細胞を人間が操作することで論議を呼んだが,日本では 1990年に日本不妊学会と日本泌尿器科学会,91年に日本産科婦人科学会が承認。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

顕微授精法の関連キーワード限外顕微鏡顕微鏡写真光学顕微鏡風穴を開ける穿孔機穴をあける蛍光顕微鏡法走査電子顕微鏡放線冠フモサイト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone