コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微授精法 けんびじゅせいほうmicro insemination

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

顕微授精法
けんびじゅせいほう
micro insemination

顕微鏡下で卵子を包む透明帯に穴をあけ,精子を注入して受精させる方法。精子無力症などの男性不妊治療法の一種生殖細胞を人間が操作することで論議を呼んだが,日本では 1990年に日本不妊学会と日本泌尿器科学会,91年に日本産科婦人科学会承認。 92年4月,最初の赤ちゃん宮城県で誕生した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android