コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕微鏡座 ケンビキョウザ

デジタル大辞泉の解説

けんびきょう‐ざ〔ケンビキヤウ‐〕【顕微鏡座】

南天の小星座山羊(やぎ)座の南にあり、9月下旬の午後8時ごろ南中する。学名〈ラテン〉Microscopium

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんびきょうざ【顕微鏡座】

南天の星座で、九月下旬の宵に南中する。日本からは南の地平線上にその一部分が見られるが明るい星はない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

顕微鏡座の関連キーワードけんびきょう座一部分南天

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android