コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やぎ座 やぎざCapricornus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

やぎ座
やぎざ
Capricornus

山羊座。いて座みずがめ座の間,赤経約 21時,赤緯-20°にある黄道十二宮の第 10座目の星座。9月の宵に南中する。3等以下の暗い星ばかりで,全体の形は逆三角形。星図にはしばしば頭部がやぎで尾部が魚の奇妙な形が描かれている。ギリシア神話によると,森の神パンが怪物テュフォンから逃げるためにあわててやぎに化け,水中に飛込んだので水中の部分だけが魚になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

やぎ座
やぎざ / 山羊座

秋の宵の南の空に見える星座。黄道十二宮星座の一つで、磨羯(まかつ)宮。2等星が2個あるほかは星が暗く、少々みつけにくいが、全体に逆三角形をした姿は見慣れてしまえば案外わかりやすい。かつてはこの星座に冬至点があり、古くから重要な星座とみられていた。その名残(なごり)で冬至点を表す語に「やぎ」の語が使われる場合があり、たとえば英語ではthe Tropic of Capricorn (Capricornはやぎ座のこと)などと言い表す。ただし、現在の冬至点は西隣のいて座に移っている。ギリシア神話では、怪物ティフォンに襲われた牧神パンがナイル川に飛び込んで逃げたとき、水につかった部分が魚になったためこんな姿になったとされる。M30は球状星団で、小望遠鏡で見ることができる。[藤井 旭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

やぎ座の関連キーワードジョセフ・ハミルトン バッソMichikoけんびきょう座ANGEROテイラー鈴木Kittan黄道十二星座田中ヤマネコ矢内美麻里篠田美沙子伊藤あさひ村沢なおみ満原史絵里佑月かのん山本茉莉紗山口有紀奈二階堂綾乃常田怜奈林丈一朗中村里彩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やぎ座の関連情報