やぎ座(読み)やぎざ(英語表記)Capricornus

  • やぎざ / 山羊座

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山羊。いて座とみずがめ座の間,赤経約 21時,赤緯-20°にある黄道十二宮の第 10座目の星座。9月のに南中する。3等以下の暗い星ばかりで,全体の形は逆三角形星図にはしばしば頭部がやぎで尾部がの奇妙な形が描かれている。ギリシア神話によると,森の神パンが怪物テュフォンから逃げるためにあわててやぎに化け,水中に飛込んだので水中の部分だけが魚になった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

秋の宵の南の空に見える星座。黄道十二星座の一つで、磨羯宮(まかつきゅう)。2等星が2個あるほかは星が暗く、少々みつけにくいが、全体に逆三角形をした姿は見慣れてしまえば案外わかりやすい。かつてはこの星座に冬至点があり、古くから重要な星座とみられていた。その名残(なごり)で冬至点を表す語に「やぎ」の語が使われる場合があり、たとえば英語ではthe Tropic of Capricorn (Capricornはやぎ座のこと)などと言い表す。ただし、現在の冬至点は西隣のいて座に移っている。ギリシア神話では、怪物ティフォンに襲われた牧神パンがナイル川に飛び込んで逃げたとき、水につかった部分が魚になったためこんな姿になったとされる。M30は球状星団で、小望遠鏡で見ることができる。

[藤井 旭]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android