コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

顕註密勘 けんちゅうみっかん

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゅうみっかん【顕註密勘】

鎌倉前期の,《古今集》の歌400余首の注釈書。3巻。別名《古今秘註抄》ほか。六条藤家の顕昭が著した古今集注釈書(現存の顕昭《古今集註》とは別)に,1221年(承久3),藤原定家が自説を〈密勘(内密の考え)〉として書き加えたもの。定家は顕昭の注説におおむね肯定的だが,両者の学風が対照的に異なる例もみえる。後世ひろく流布し,江戸時代に刊行もされた。【赤瀬 知子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

顕註密勘の関連キーワード藤原定家(ふじわらのていか)

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android