類葉(読み)るいよう

精選版 日本国語大辞典「類葉」の解説

るい‐よう ‥エフ【類葉】

〘名〙
親類の末一族の人々。
地方凡例録(1794)四「土佐国には長曾我部の類葉四百人余、みな郷士にて」
② 同じ種類の葉。似たような葉。
有明集(1908)〈蒲原有明〉どくだみ「穢れて臭き醜草(しこぐさ)の、その類葉(ルヰエフ)のひとつには」
③ ことばを分類すること。また、分類したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「類葉」の解説

るい‐よう〔‐エフ〕【類葉】

同じ種類の葉。似たような葉。
同じ一族からわかれた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android