コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末葉 ウラバ

デジタル大辞泉の解説

うら‐ば【末葉】

草木の茎や枝の先のほうの。うれば。⇔本葉(もとは)
「池の辺の松の―に降る雪は五百重(いほへ)降り敷け明日さへも見む」〈・一六五〇〉

すえ‐ば〔すゑ‐〕【末葉】

草木の先の方にある葉。うらば。
子孫。末孫。まつよう。
「竹の園生(そのふ)の―まで、人間の種ならぬぞやんごとなき」〈徒然・一〉

ばつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】

まつよう(末葉)3」に同じ。
「兼輔の中納言より八代の―」〈平家・六〉

まつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】

ある時代の終わりごろ。末期。「20世紀の末葉
物事の大事でない部分。
「生産者の責任はやはり―たるを免れぬ」〈河上肇貧乏物語
子孫。末裔(まつえい)。ばつよう。
「上総国の御家人高滝と聞こえしものの―にて」〈折たく柴の記・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらば【末葉】

草木の先端の葉。 「池のへの松の-に降る雪は五百重いおえふりしけ明日さへも見む/万葉集 1650

すえば【末葉】

草木の先端にある葉。
子孫。後裔こうえい。まつよう。 「紅の園生の種や-まで/浄瑠璃・二つ腹帯」

ばつよう【末葉】

まつよう(末葉) 」に同じ。 「鎌倉の権五郎景政が四代の-/保元

まつよう【末葉】

〔「ばつよう」とも〕
ある時代の終わりの頃。末期。 「江戸時代-」
子孫。末裔まつえい。 〔日葡〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

末葉の関連キーワードアナルコ・サンディカリスムインディアン特別居住区アインハイツシューレインディアナポリス南紀重国(初代)佐味田宝塚古墳抹・末・沫・秣ブーランビリエメガントロプストゥグルク朝佐良山古墳群瀬谷子窯址群自由帝国主義フェニキア語いろはかるた上之宮遺跡松本塚古墳天神原遺跡懐月堂安度生駒等寿

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末葉の関連情報