コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末葉 ウラバ

8件 の用語解説(末葉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら‐ば【末葉】

草木の茎や枝の先のほうの葉。うれば。⇔本葉(もとは)
「池の辺の松の―に降る雪は五百重(いほへ)降り敷け明日さへも見む」〈・一六五〇〉

すえ‐ば〔すゑ‐〕【末葉】

草木の先の方にある葉。うらば。
子孫。末孫。まつよう。
「竹の園生(そのふ)の―まで、人間の種ならぬぞやんごとなき」〈徒然・一〉

ばつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】

まつよう(末葉)3」に同じ。
「兼輔の中納言より八代の―」〈平家・六〉

まつ‐よう〔‐エフ〕【末葉】

ある時代の終わりごろ。末期。「20世紀の末葉
物事の大事でない部分。
「生産者の責任はやはり―たるを免れぬ」〈河上肇貧乏物語
子孫。末裔(まつえい)。ばつよう。
「上総国の御家人高滝と聞こえしものの―にて」〈折たく柴の記・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うらば【末葉】

草木の先端の葉。 「池のへの松の-に降る雪は五百重いおえふりしけ明日さへも見む/万葉集 1650

すえば【末葉】

草木の先端にある葉。
子孫。後裔こうえい。まつよう。 「紅の園生の種や-まで/浄瑠璃・二つ腹帯」

ばつよう【末葉】

まつよう(末葉) 」に同じ。 「鎌倉の権五郎景政が四代の-/保元

まつよう【末葉】

〔「ばつよう」とも〕
ある時代の終わりの頃。末期。 「江戸時代-」
子孫。末裔まつえい。 〔日葡〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

末葉の関連キーワード一巻の終わり期末窮冬思潮終止符晩期冬羽末年勤皇得地保

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

末葉の関連情報