コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風紋 フウモン

デジタル大辞泉の解説

ふう‐もん【風紋】

風によって砂地の表面にできる模様。
[補説]書名別項。→風紋

ふうもん【風紋】[書名]

藤井重夫の小説。昭和34年(1959)刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

風紋

松本清張の長編小説。1978年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふうもん【風紋】

風によって砂の上にできる模様。砂紋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

風紋の関連キーワード五姓田 義松藤井 重夫中山 善郎曽宮 一念浜 梨花枝森脇 一夫中田島砂丘砂丘の風紋ワッペン乾燥地形鳥取砂丘海岸砂丘松本清張砂漠漣痕砂紋

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風紋の関連情報