コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風船療法(バルーン療法) ふうせんりょうほう(ばるーんりょうほう)

1件 の用語解説(風船療法(バルーン療法)の意味・用語解説を検索)

生活習慣病用語辞典の解説

風船療法(バルーン療法)

冠動脈 (心臓に酸素や栄養分を送る血管) の狭くなった箇所を風船 (バルーン) で広げる手術のことです。局所麻酔で、足の付け根の太い動脈から、風船の着いたカテーテルを心臓まで入れて行います。PTCA (冠動脈形成術) とも呼ばれています。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

風船療法(バルーン療法)の関連キーワード人工心肺冠動脈心疾患労作性狭心症冠動脈血栓症冠状動脈バイパス術冠動脈(冠状動脈)冠動脈形成術冠動脈造影検査(心臓カテーテル検査)血栓溶解療法PTCA(冠動脈形成術)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone