コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風船療法(バルーン療法) ふうせんりょうほう(ばるーんりょうほう)

生活習慣病用語辞典の解説

風船療法(バルーン療法)

冠動脈 (心臓に酸素や栄養分を送る血管) の狭くなった箇所を風船 (バルーン) で広げる手術のことです。局所麻酔で、足の付け根の太い動脈から、風船の着いたカテーテルを心臓まで入れて行います。PTCA (冠動脈形成術) とも呼ばれています。

出典 あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android