コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛驒工 ひだのたくみ

世界大百科事典 第2版の解説

ひだのたくみ【飛驒工】

奈良時代から平安時代前期にかけて,飛驒国農民労役として,里(り)ごとに10人ずつ1年交替で都に上り働いた。彼らは木工寮その他の建築関係の官庁に配属され,飛驒工と呼ばれたが,農民の労働である点からみて,高度の専門技術を持つ工匠でなく,材木の荒削りのような単純な工作を担当したと考えられる。彼らが当時の建築工事組織で指導的地位を占めたことを示す記録も存在しない。しかし,この労役制度が実施されなくなった平安後期になると,《今昔物語集》や《新猿楽記》のなかに飛驒工を名工として扱った説話が現れる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

飛驒工の関連キーワード奈良時代百済河成飛驒山修理職

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android