コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛驒工 ひだのたくみ

1件 の用語解説(飛驒工の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひだのたくみ【飛驒工】

奈良時代から平安時代前期にかけて,飛驒国の農民が労役として,里(り)ごとに10人ずつ1年交替で都に上り働いた。彼らは木工寮その他の建築関係の官庁に配属され,飛驒工と呼ばれたが,農民の労働である点からみて,高度の専門技術を持つ工匠でなく,材木の荒削りのような単純な工作を担当したと考えられる。彼らが当時の建築工事組織で指導的地位を占めたことを示す記録も存在しない。しかし,この労役制度が実施されなくなった平安後期になると,《今昔物語集》や《新猿楽記》のなかに飛驒工を名工として扱った説話が現れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飛驒工の関連キーワード泥絵平安時代夷俘王朝時代鋸歯文五弦琵琶神訴百穴胡簶品治部広耳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飛驒工の関連情報