コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成人病 せいじんびょう chronic diseases in the middle and the aged

7件 の用語解説(成人病の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成人病
せいじんびょう
chronic diseases in the middle and the aged

1955年頃から厚生省が使いはじめた用語。 40歳前後から 60歳代の働き盛りの人々に発生率の高い疾患をさし,脳血管障害悪性腫瘍,心疾患,糖尿病,痛風など,主として非感染性の慢性疾患がその代表的なものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいじん‐びょう〔‐ビヤウ〕【成人病】

中年以降の人に多くみられる病気の総称。動脈硬化症高血圧症脳卒中心筋梗塞(しんきんこうそく)癌(がん)糖尿病など。→生活習慣病

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

成人病【せいじんびょう】

普通40歳以上の成年期〜老年期に多くみられる病気。おもなものは,脳溢(いっ)血その他の脳血管障害,(がん),心臓病高血圧動脈硬化糖尿病などで,成年期からその予防に留意する必要がある。
→関連項目かくれ肥満小児成人病食育基本法体脂肪率人間ドック老人病

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

成人病

 成人期以降に発症する慢性,退行性疾患の総称.その発症には食生活,喫煙などの後天的要因が強く関与する.医学用語ではなく行政用語で,adult diseaseと書くが,英語には相当する語がない.近年生活習慣病とよばれるようになった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せいじんびょう【成人病】

成人病とは悪性新生物(癌),脳血管疾患心臓疾患など,主として40歳以上の成人,老人の主要な疾病を総称して名づけられたものである。第2次大戦後,栄養状態の改善やサルファ剤抗生物質などの出現にともない感染性疾患が大幅に減少し,これらに代わって悪性新生物,脳血管疾患,心臓疾患など老化と結びついた変性疾患が増大してきた。1951年にそれまで20年近くも死因第1位を占めていた全結核に代わって脳血管疾患が死因第1位の座につき30年間それが続いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいじんびょう【成人病】

中年から老年に特に多く現れ、慢性の経過をたどる疾患の総称。脳卒中・癌がん・高血圧・心臓病など。戦後、日本で作られた用語。 → 生活習慣病

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

成人病
せいじんびょう

第二次世界大戦後の日本に生まれた独自の用語で、欧米にはこれに相当するものはない。1956年(昭和31)、厚生省(現厚生労働省)が「成人病予防対策連絡協議会」において、脳卒中(脳血管疾患)、癌(がん)(悪性新生物)、心臓病(心疾患)など中年から老年期にかけて多発する重要疾患をさして「成人病」としたのが始まりとされている。さらに71年、世界保健機関(WHO)が糖尿病を成人の重要疾患として取り上げて以来、公衆衛生活動としては糖尿病も成人病の一つに加えられた。しかし、死亡統計上は脳卒中、癌、心臓病の3疾患と高血圧性疾患、老衰(精神病を伴わないもの)などとされた。1997年(平成9)厚生省は公衆衛生審議会(現厚生科学審議会)の提言を受け、成人病の呼称を生活習慣病と改めている。
 明治以降、第二次世界大戦までをみると、死因順位の上位は肺炎、結核など感染性疾患によって占められていたが、戦後の公衆衛生の進展に伴い感染性疾患は急激に減少した。すなわち、1935年(昭和10)は感染性疾患が総死亡の43.4%に対し、成人病(生活習慣病)が24.7%であったが、55年には20.4%対47.2%と逆転するに至った。政府が新たに「成人病」というカテゴリーをつくり、衛生行政の重点的な目標とした背景にはこうした事情があった。[春日 齊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

成人病の関連キーワード心筋梗塞老人病悪性新生物成人病特約ハイリスクストラテジー新生血管脳血管攣縮脳血管性疾患がんセンター脳血管疾患

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

成人病の関連情報