コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道気管・気管支瘻 しょくどうきかんきかんしろう Esophago Trachea / Bronchial Fistula

1件 の用語解説(食道気管・気管支瘻の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しょくどうきかんきかんしろう【食道気管・気管支瘻 Esophago Trachea / Bronchial Fistula】

[どんな病気か]
 隣り合っている食道と気管または気管支とが、瘻管(ろうかん)という孔(あな)でつながる病気です。
 食道がんが気管や気管支にまで浸潤(しんじゅん)(侵入)し、そこに孔があいておこることが多いものです。
 食道異物やけがのために食道に孔があいたり、食道憩室(しょくどうけいしつ)が破裂して食道に孔があいたりして瘻孔ができることもあります。
 先天性のもので、おとなになってから発見されるケースもあります。
[症状]
 飲んだ液体が気管・気管支に入り、むせてせきが出ます。気管に入った食物が、せきとともに喀出(かくしゅつ)されることもあります。
 飲食物が肺まで入り、肺炎をおこすこともあります。
[治療]
 食道がんが原因であればカバードタイプの金属ステントを挿入します。良性疾患であれば手術をして、食道と気管・気管支をつないでいる瘻孔(ろうこう)を切除します。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

食道気管・気管支瘻の関連キーワード近隣一衣帯水垣根続き里隣四隣何心地不死身隣合せ取合い食道逆流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone