コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道気管・気管支瘻(読み)しょくどうきかんきかんしろう(英語表記)Esophago Trachea / Bronchial Fistula

家庭医学館の解説

しょくどうきかんきかんしろう【食道気管・気管支瘻 Esophago Trachea / Bronchial Fistula】

[どんな病気か]
 隣り合っている食道と気管または気管支とが、瘻管(ろうかん)という孔(あな)でつながる病気です。
 食道がんが気管や気管支にまで浸潤(しんじゅん)(侵入)し、そこに孔があいておこることが多いものです。
 食道異物やけがのために食道に孔があいたり、食道憩室(しょくどうけいしつ)が破裂して食道に孔があいたりして瘻孔ができることもあります。
 先天性のもので、おとなになってから発見されるケースもあります。
[症状]
 飲んだ液体が気管・気管支に入り、むせてせきが出ます。気管に入った食物が、せきとともに喀出(かくしゅつ)されることもあります。
 飲食物が肺まで入り、肺炎をおこすこともあります。
[治療]
 食道がんが原因であればカバードタイプの金属ステントを挿入します。良性疾患であれば手術をして、食道と気管・気管支をつないでいる瘻孔(ろうこう)を切除します。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android