コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯尾貞連 いのお さだつら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯尾貞連 いのお-さだつら

?-1455 室町時代の幕府官僚。
飯尾元連の父。応永31年室町幕府の奉行人となり,永享3年政所(まんどころ)執事代を兼帯した。享徳4年2月21日死去。通称は隼人佑(はやとのじょう),大和入道。法名は性通。姓は「いいお」「いいのお」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

飯尾貞連

没年:康正1.2.21(1455.3.9)
生年:生年不詳
室町幕府の法曹官僚。兼行(浄称)の子。応永31(1424)年奉書に加判がみえ,足利義持の晩年に御前奉行として登用されたと思われる。同義教時代は飯尾為種と共に裁判に活躍,政所執事代,式評定衆に上り,園城,東大,八幡,建仁,吉田など諸寺社の別奉行を兼ねるほか,鎮西,異国,唐船の各奉行を兼任,外交事務をも担当した。嘉吉1(1441)年6月義教の横死によって入道し性通と号したが,なお裁許,奉書に干与した。没後は長男元連が業務を継承した。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

飯尾貞連の関連キーワード飯尾元連唐船奉行室町時代没年

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android