飯田亮(読み)いいだ まこと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田亮 いいだ-まこと

1933- 昭和後期-平成時代の経営者。
昭和8年4月1日生まれ。37年わが国初の警備会社,日本警備保障(現セコム)を友人と2人で設立し,社長。39年東京五輪の選手村を警備。オンラインによるSPアラームシステム,コンピューターによる警備システム,家庭向け安全システムなどを開発し,急成長した。51年会長。東京出身。学習院大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飯田亮の関連情報