飯田旗軒(読み)いいだ きけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田旗軒 いいだ-きけん

1866-1938 明治-昭和時代前期のフランス文学者。
慶応2年5月2日生まれ。ベルギーに留学し,アンベルス高商を卒業。硯友社(けんゆうしゃ)社友日本銀行,横浜正金銀行などにつとめる一方,ロチ「秋の日本」(訳題「陸眼(おかめ)八目」),ゾラ巴里(パリ)」などフランス文学の翻訳,紹介につくし,レジオン-ドヌール勲章を受章した。昭和13年4月24日死去。73歳。江戸出身。本名は旗郎。別号に眼花道人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android