コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽浦信胤 あくら のぶたね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飽浦信胤 あくら-のぶたね

?-? 南北朝時代の武将。
備前(岡山県)児島郡飽浦を本拠とし,足利尊氏にくみして備中(びっちゅう),京都攻めなどに功をたてる。暦応(りゃくおう)2=延元4年(1339)ごろ,高師秋(こうの-もろあき)との確執から南朝方に寝がえる。のち細川師氏の家臣となり,小豆島肥土荘を領した。本姓は佐々木。通称は三郎左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飽浦信胤の関連キーワード佐々木信胤南北朝時代