コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅踏 もちぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

餅踏
もちぶみ

幼児の歩きはじめる頃行う誕生祝いの行事の一つ。のし餅をつくって草履を載せ,盛装させた子供を草履の上に立たせ歩くまねをさせる。餅は子供の生命力を強める力があるという考えから,九州一帯で行われた。中部地方では餅を幼児に背負わせて歩かせる風習があった。餅踏の餅は切って親類知己に配られた。この餅は焼かずにそのまま食べるのが決りで,焼いたりするとその子供は火難にあうとされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

餅踏の関連キーワード餅負い・餠負い一升餅餅負い誕生日力餅

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android