コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決(ま)り/極まり キマリ

デジタル大辞泉の解説

きまり【決(ま)り/極まり】

物事が決まること。問題になっていたり面倒だったりした物事の終わり。決着。おさまり。「これで話は―だ」「仕事に―を付ける」
よりどころとして定められている事柄。規則。通則。「―を破る」「―に従う」
一定していること。いつものこと。定例。「散歩が朝の―だ」
(多く「おきまり」の形で)言動がいつも同じで新鮮味がないこと。また、きまり文句。「お―の自慢話」
面目。体裁。
「文三はお勢よりは―を悪がって口数をきかず」〈二葉亭浮雲
万事首尾よくいっていること。明和・安永(1764~1781)ころの江戸の流行語。
「『朧月(おぼろづき)と五色丹前を買って参りやした』『おお―』」〈洒・辰巳之園
遊里で、客と遊女が恋仲になること。また、その相手や間柄。
「今夜のぬしの客衆はとんだ―だの」〈咄・くだ巻〉

さくり【決り/×抉り/×刳り】

土を掘り起こした所。また、その溝。うね。
流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)などの騎射のとき、馬を走らせる道として馬場に掘る浅い溝。馬決(うまざく)り。

しゃくり【決り】

《「さくり」の音変化》
中がくぼむように削ること。しゃくること。
おだてること。そそのかし操ること。
「是もやっぱり―かと気で気をとり直しては」〈洒・の花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

決(ま)り/極まりの関連キーワード国連環境計画国際環境技術センターノースウェスト・テリトリールーテンバッハー症候群パンクチュエーションオットーサイクル機関生産要素賦存比率理論ブレートンサイクル門地制[ロシア]短距離離着陸機ユトレヒト条約ムルロア環礁平均自由行程国際難民機関アルペッジョ資本と利子水晶振動子ソリテール曾我の対面エオルス音制度的保障

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android