コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決(ま)り/極まり キマリ

デジタル大辞泉の解説

きまり【決(ま)り/極まり】

物事が決まること。問題になっていたり面倒だったりした物事の終わり。決着。おさまり。「これで話は―だ」「仕事に―を付ける」
よりどころとして定められている事柄。規則。通則。「―を破る」「―に従う」
一定していること。いつものこと。定例。「散歩が朝の―だ」
(多く「おきまり」の形で)言動がいつも同じで新鮮味がないこと。また、きまり文句。「お―の自慢話」
面目。体裁。
「文三はお勢よりは―を悪がって口数をきかず」〈二葉亭浮雲
万事首尾よくいっていること。明和・安永(1764~1781)ころの江戸の流行語。
「『朧月(おぼろづき)と五色丹前を買って参りやした』『おお―』」〈洒・辰巳之園
遊里で、客と遊女が恋仲になること。また、その相手や間柄。
「今夜のぬしの客衆はとんだ―だの」〈咄・くだ巻〉

さくり【決り/×抉り/×刳り】

土を掘り起こした所。また、その溝。うね。
流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)などの騎射のとき、馬を走らせる道として馬場に掘る浅い溝。馬決(うまざく)り。

しゃくり【決り】

《「さくり」の音変化》
中がくぼむように削ること。しゃくること。
おだてること。そそのかし操ること。
「是もやっぱり―かと気で気をとり直しては」〈洒・籬の花〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone