養老滝(読み)ようろうのたき

百科事典マイペディアの解説

養老滝【ようろうのたき】

岐阜県養老町,養老山地の断層崖にかかる。高さ約32m,幅約7m。滝壺は浅く平らで,滝を浴びるのは容易。養老山は古く多度山と称され,717年元正天皇は多度山美泉を見ている。付近に養老神社,養老寺があり,神社境内には養老改元にまつわる源丞内の説話で知られる掬水(きくすい)泉がある。近鉄養老駅からバス。
→関連項目揖斐関ヶ原養老国定公園

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報