コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首のお信 くびの おのぶ

1件 の用語解説(首のお信の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

首のお信 くびの-おのぶ

1760-1802 江戸時代中期の芸妓。
宝暦10年生まれ。京都祇園(ぎおん)の名妓として知られ,ことにその首の美しさをたたえられた。富豪三井氏の愛妾となり,のち,俳優の文七と結婚。夫の死後大坂島の内で歌妓となった。滝沢馬琴の随筆「羈旅(きりょ)漫録」にその名がみえる。享和2年死去。43歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

首のお信の関連キーワード山県周南前古典派音楽志筑忠雄滑稽本奴隷貿易ゴヤ(年譜)グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスク十返舎一九グエン朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone