コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首台 クビダイ

デジタル大辞泉の解説

くび‐だい【首台】

首実検のために、敵の首をのせる台。
江戸時代、獄門の刑に処された罪人の首をのせて、人々の目に晒(さら)した台。獄門台

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くびだい【首台】

首実検のために首を載せる台。
江戸時代、獄門の首をさらした台。獄門台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の首台の言及

【首実検】より

…それによれば,髪は水でしめし櫛を入れ,髻(もとどり)に札を付し,その後,討取者が左手で髻をとり,右手で台を持ち将の検知を得るというものであった。ちなみに,首級の証拠書類を首注文,首級を載せる台を首台または首板と称し,これを納めるものを首桶といった。【関 幸彦】。…

※「首台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

首台の関連キーワードモルゲンシュテルン(Christian Morgenstern)クリスティアーン モルゲンシュテルンクーパー(Alice Cooper)チャップリンの殺人狂時代ジャック リチャードソンマハバットハーンモスク絞首台からのレポートユリウス フゥチークリヴィウ レブリヤヌファニーベイ旧刑務所ローテンブルクの城壁モルゲンシュテルンサルバダール政権リチャードソンルーマニア文学J. フチークストルイピンゼーガース三文オペラペテーフィ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android