コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

首台 クビダイ

大辞林 第三版の解説

くびだい【首台】

首実検のために首を載せる台。
江戸時代、獄門の首をさらした台。獄門台。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の首台の言及

【首実検】より

…それによれば,髪は水でしめし櫛を入れ,髻(もとどり)に札を付し,その後,討取者が左手で髻をとり,右手で台を持ち将の検知を得るというものであった。ちなみに,首級の証拠書類を首注文,首級を載せる台を首台または首板と称し,これを納めるものを首桶といった。【関 幸彦】。…

※「首台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

首台の関連キーワードモルゲンシュテルン(Christian Morgenstern)クリスティアーン モルゲンシュテルンクーパー(Alice Cooper)ジャック リチャードソンチャップリンの殺人狂時代マハバットハーンモスク絞首台からのレポートリヴィウ レブリヤヌユリウス フゥチークファニーベイ旧刑務所ローテンブルクの城壁モルゲンシュテルンサルバダール政権リチャードソンJ. フチークルーマニア文学ストルイピンゼーガースペテーフィ三文オペラ

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android