真中(読み)まなか

精選版 日本国語大辞典「真中」の解説

ま‐なか【真中】

〘名〙
① ちょうど中心・中央に位置していること。また、その部分。まんなか。もなか。正中。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「かたはらよりふとかきいだきて、ひのほどまなかばかりさかりて」
② 的中していること。適合していること。
※申楽談儀(1430)序「彼喜阿、五位の声風まなかの位也」

まん‐なか【真中】

〘名〙 (「まなか(真中)」の変化した語) 位置・順序・距離などで、ちょうど中央、中心のところ。ただなか。
※金刀比羅本保元(1220頃か)上「それをば為朝まんなか仕て射通しなん」

み‐なか【真中】

〘名〙 まなか。まんなか。
※書紀(720)神代「誓約之中〈誓約之中、此をば宇気譬能美難箇(うけひのミナカ)と云ふ〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「真中」の解説

ま‐なか【真中】

物事の中心・中央。また、物事をしているさなか。まんなか。〈和英語林集成

み‐なか【真中】

まんなか。
「こちごちの国の―ゆ出(い)で立てる富士の高嶺(たかね)は」〈・三一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android