香り/薫り/馨り(読み)カオリ

デジタル大辞泉の解説

かおり〔かをり〕【香り/薫り/×馨り】

よいにおい。香気。
顔などのにおいたつような美しさ。
「―をかしき顔ざまなり」〈・柏木〉
匂(にお)い[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

香り

 フレーバー香気,においなどに近い語義であるが,微妙に差がある.一般に臭覚が感じて好ましいと感ずるものを香りといい,好ましくないと感じるものを勾いというが,厳密に使わない場合も多く,いいにおいなどという表現も一般的に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android