コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香り/薫り/馨り カオリ

デジタル大辞泉の解説

かおり〔かをり〕【香り/薫り/×馨り】

よいにおい。香気。
顔などのにおいたつような美しさ。
「―をかしき顔ざまなり」〈・柏木〉
匂(にお)い[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

香り

 フレーバー香気,においなどに近い語義であるが,微妙に差がある.一般に臭覚が感じて好ましいと感ずるものを香りといい,好ましくないと感じるものを勾いというが,厳密に使わない場合も多く,いいにおいなどという表現も一般的に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

香り/薫り/馨りの関連キーワードsettima アロマティックハミガキメンソレータムAD 薬用入浴液バストロジーボディケア入浴液トイレのファブリーズアロマ咲かせて消臭 花咲きポット桃源ナチュラルバスソルトバスロマン bihadaドレッシングフラワーバスFlower Bathミルキィ ボディソープきき湯 アロマリズムあさひやま動物園物語お部屋香りのシャワーflavor teaトイレ香りのシャワーお湯物語 贅沢泡とろとろけるムースバスファブリーズクルマ摘みたてアロマバス花王ピュアホイップ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android