コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香取文書纂 かとりもんじょさん

世界大百科事典 第2版の解説

かとりもんじょさん【香取文書纂】

常陸国土浦の国学者色川三中(1802‐55)が田制研究の資料として,香取神宮とその社家の所蔵する文書を影写し,家別(ほぼ編年順)に編集した古文書集。62巻。6年を費やし1848年(嘉永1)に完成したもので,下限は江戸中ごろに及ぶ総数1500余通を収める。採集の範囲と周到は同時代の各種文書集の内でも群をぬいたもので,その後散逸・欠損した文書を補塡できるのみでなく,江戸古文書学の到達点を示すものとしても重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

香取文書纂の関連キーワード青木夙夜グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクカノーバ唐衣橘洲カルロ・エマヌエレ4世クレア(伯)阮朝阮福映シック

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone