コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香取文書纂 かとりもんじょさん

1件 の用語解説(香取文書纂の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かとりもんじょさん【香取文書纂】

常陸国土浦の国学者色川三中(1802‐55)が田制研究の資料として,香取神宮とその社家の所蔵する文書を影写し,家別(ほぼ編年順)に編集した古文書集。62巻。6年を費やし1848年(嘉永1)に完成したもので,下限は江戸中ごろに及ぶ総数1500余通を収める。採集の範囲と周到は同時代の各種文書集の内でも群をぬいたもので,その後散逸・欠損した文書を補塡できるのみでなく,江戸古文書学の到達点を示すものとしても重要。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香取文書纂の関連キーワード色川三中間宮八十子佐久良東雄色川国学者常陸風土記市毛幹規色川三郎兵衛鬼沢大海中井信彦

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone