コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香妃の墓(読み)こうひのはか

世界の観光地名がわかる事典の解説

こうひのはか【香妃の墓】

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区のカシュガル(喀什)にある、17世紀にこの一帯を支配したイスラム教徒のホジャー一族(マホメットの子孫と称した)の、緑のタイルで覆われた丸いドームの廟(びょう)。◇このはホジャー一族の廟だが、西域を平定した清の乾隆帝の寵愛を受けた一族の姫・香妃の墓があることから、「香妃の墓」と呼ばれている。この廟は、墓室・礼拝寺・講経堂からなり、ウイグルの伝統的な建築様式を残している。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android