コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬印・馬標(読み)うまじるし

大辞林 第三版の解説

うまじるし【馬印・馬標】

戦場で、武将が敵味方の識別や自らの存在を誇示するために用いた目印。豊臣秀吉の瓢簞ひようたんに金の切裂きりさき、徳川家康の七本骨の金の開扇かいせんなどが有名。馬幟うまのぼり。 → 指物さしもの

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報