コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬場道久 ばば みちひさ

2件 の用語解説(馬場道久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬場道久 ばば-みちひさ

1847*-1916 明治-大正時代の実業家。
弘化(こうか)3年11月21日生まれ。家は代々越中新川郡東岩瀬(富山市)の船問屋。明治14年藤井能三と北陸通船を設立し,30年越中商船社長。36年馬場合資会社を創立,越中船主同盟会を結成し会長となった。この間,県会議員をへて貴族院議員。大正5年5月20日死去。71歳。幼名は吉次郎

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

馬場道久

没年:大正5.5.20(1916)
生年:弘化3.11.21(1847.1.7)
明治期,海運近代化の功労者。幼名吉次郎。越中国新川郡東岩瀬(富山市)の船問屋馬場家7代道久の3男。兄が夭折したので明治12(1879)年に8代目と和船16艘を引き継ぎ,道久(2代)と改名。明治14年藤井能三らと北陸通船会社を興す。続いて勃興した中小汽船会社間の激烈な競争を調停し,越中商船会社にまとめ社長となる。明治24年日本海運業同盟会の設立に当たり,また社寮丸など8隻の汽船を購入し,同36年に馬場合資会社を創立した。北前船主と対立しながらも,その力を結集し日本郵船会社など中央に対抗する反骨精神を貫いた。<参考文献>佐々木誠治『馬場海運史』,原田翁甫『三州船舶通覧』,高瀬保「富山県に於ける北前船主」(『日本歴史』274号)

(高瀬保)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

馬場道久の関連キーワード近代化遺産名吉不動産流通近代化センタ-漁業近代化資金石川吉次郎岡谷惣助(2)吉次郎木村源次郎芝原拓自藤原吉次

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone